2018-01-21

わらべ唄「お手玉唄」

わらべ唄「お手玉唄」歌詞

一おいて回れば わしゃ一立てぬ
てんぼ(片手)ならこそ 一立てなさりょ

二おいて回れば わしゃ庭掃かぬ
女子ならこそ 庭掃きなさりょ

三おいて回れば わしゃ三味ひかぬ
芸者ならこそ 三味ひきなさりょ

四おいて回れば わしゃシワよらぬ
年が寄りさえ シワよりなさりょ

五おいて回れば わしゃ碁は打たぬ
親父ならこそ 碁を打ちなさりょ

六おいて回れば わしゃ炉は塗らぬ
左官ならこそ 炉は塗りなさりょ

七おいて回れば わしゃ質おかぬ
貧乏ならこそ 質おきなさりょ

八おいて回れば わしゃ鉢わらぬ
桶屋ならこそ 鉢わりなさりょ

九おいて回れば わしゃ桑くわぬ
蚕ならこそ 桑くいなさりょ

十おいて回れば わしゃ地は盛らぬ
おむら(もぐら)ならこそ 地はもりなさりょ